【楽天ビッグエス レビュー】ついに登場したおすすめメイン端末!【楽天モバイル】

2021年6月1日

楽天ビッグエスのレビュー

https://rakutyann.com

 

らくちゃん
楽天ビッグエスを買ったから紹介するよ!

 

こんな人におすすめの記事

  • 5G対応のスマホを探している人
  • Rakuten BIGsの購入を検討している人
  • 楽天モバイルの契約時に購入する端末を調べている人
  • 楽天モバイル内でメインで使える端末を探している人

 

当ブログではRakuten Mini、Rakuten Hand、Rakuten BIGと、楽天オリジナルスマホを3台所有し紹介してきましたが、どのモデルもあくまで「2台持ちのサブ端末」としておすすめしてきました。

 

ですが今回紹介する【Rakuten BIGs】は楽天オリジナルスマホで初めてメイン端末としておすすめできる、待望のモデルとなります!

 

この記事では、

  • Rakuten BIG sの見た目や性能など
  • Rakuten BIG sはどんな人におすすめか

実際に購入した僕の感想を中心に解説していきます。

 

Rakuten BIG sの大まかな特徴

  • 5G対応
  • eSIM搭載機
  • Rakuten BIGより持ち運びしやすいサイズ
  • Rakuten Handよりも高性能

 

楽天ビッグエスのスペック詳細は下記の記事でまとめていますのでご活用ください。

 

 

【楽天ビッグエス】の見た目や付属品

Rakuten BIGsの白い箱

Rakuten BIGsの白い箱

 

楽天モバイルのオリジナルスマホ第4弾として発売された楽天ビッグエス(Rakuten BIGs)。

 

楽天ビッグエスが梱包されている正方形の白い箱も既にRakuten Miniから受け継ぎ4つ目。

 

恒例である正方形の箱

恒例である正方形の箱

 

ちなみに積み重ねてみるとこんな感じ。

 

積み重ねた箱の側面

積み重ねた箱の側面

 

1番下のRakuten BIGの箱が1番薄かったです。

 

ちょっと収納場所に困ってきました・・・。

 

さて、箱を開けるとすでに存在感が満載の楽天ビッグの姿が確認できます。

 

楽天ビッグエスの箱を開封

楽天ビッグエスの箱を開封

 

楽天ビッグエスと付属品一覧

楽天ビッグエスと付属品一覧

 

箱の中には下記の通り。

  • 楽天ビッグエス
  • ACアダプター
  • USB Type-Cケーブル
  • クイックスタートガイド(保証書)
  • 安全上のご注意

 

Rakuten BIGに付属されていたUSB Type-C-3.5mmイヤホン変換アダプターがありませんが、その理由は楽天ビッグエスはイヤホンジャックが復活したため変換アダプターが不要になったためです。

 

そしてこちらもお馴染み、楽天ビッグエスをはじめ、楽天オリジナルスマホは4機種ともeSIM対応機なのでSIMカード(nanoSIM)も同封されていません。

 

eSIMとは

スマホ本体に内臓されたSIMのこと。手軽に自分でSIMカードを差し替えることができないがオンラインで簡単に申込みできる・SIMスロットがないことで端末のデザインが洗練されるなどのメリットがある。

 

それでは本体を確認していきます。

 

楽天ビッグエスの背面

楽天ビッグエスの背面

 

まずサイズですが、Rakuten BIGよりもしっかりとホールドできる印象でした。

 

高さがRakuten BIGより14mmも短い160mmになったことで重心が安定したのも影響していると思います。

 

ちなみに横幅はRakuten BIGと1mmしか変わらないため、女性や子供では片手で操作するのはやはり難しそうです。

 

Rakuten Miniの時に「クリムゾンレッドは大きいスマホではのっぺりした印象になってしまうのでは」と表現しましたが、背面のツルツル感からか、そこまでのっぺりとした印象はありません。

 

右側面に音量と電源ボタン

右側面に音量と電源ボタン

 

楽天ビッグエスはRakuten BIG同様、右側面に上から『音量ボタン+-』、『電源ボタン』が配置されています。

 

音量ボタンは片手でもギリギリ操作できる高さですが、手が小さい女性や子供は片手での音量変更は注意が必要です。

 

ちなみに楽天ビッグエスのホワイトカラーは「側面も白い」のを公式画像から確認できます。

 

らくちゃん
Rakuten Handのホワイトカラーは側面が銀色なんだよっ!

 

 

次にカメラを見ていきましょう。

 

楽天ビッグエスのメインカメラ

楽天ビッグエスのメインカメラ

 

楽天ビッグエスにはRakuten BIG同様メインカメラが4つ付いていますが、その撮影機能が一部変更になりました。

 

楽天ビッグエス Rakuten BIG
超広角 約800万画素 約800万画素
広角 約4,800万画素 約6,400万画素
望遠 約800万画素 ✖️
深度測位 約200万画素 約200万画素
マクロ ✖️ 約200万画素

 

カメラの凸を一円玉で比較

カメラの凸を一円玉で比較

 

カメラの厚みは1円玉とほぼ同じなので、約1mmとなります。

 

ツルリとシンプルな左側面

ツルリとシンプルな左側面

 

楽天ビッグエスもRakuten BIG同様、左側面には機能などが一切なく、滑らかな触り心地です。

 

楽天ビッグエスの底面

楽天ビッグエスの底面

 

底面には

  • USB Type-C
  • 内部スピーカー

と、Rakuten BIGと同じような作りになっています。

 

Rakuten BIGとの底面の違いは下記の2点。

  • SIMスロットがない
  • 底面が幅の中心にかけて若干反っているデザイン

 

底面の反ったデザインは楽天ビッグエスが初めてですが自然な仕上がりとなっています

 

楽天ビッグエスとRakuten Miniを底面から

楽天ビッグエスとRakuten Miniを底面から

 

らくちゃん
同色のRakuten Miniと比べてみたよっ!

 

そして楽天モバイルオリジナル端末は楽天ビッグエスも含め、全てハイレゾ非対応です。

 

ハイレゾとは

ハイレゾリューションオーディオ (High-Resolution Audio)の略。Resolutionとは解像度のことなので高解像度という意味です。一般的にCDよりも生演奏に近いです。

 

左からBIG,BIGs,hand,mini

左からBIG,BIGs,hand,mini

 

ミニ、ビッグ、ハンド(中間サイズ)と発売された後にまさかのビッグエスでしたが、そのサイズはまさに求められているサイズとして絶妙だったと思います。

 

楽天ビッグエスのサイズはiPhone12 Pro Maxとほぼ同じというのも使いやすいポイントですね。

 

楽天ビッグエス iPhone12 Pro Max
高さ 160mm 160.8mm
79mm 78.1mm
厚さ 9mm 7.4mm
重さ 204g 226g

 

ちなみに楽天モバイルでiPhoneを購入すると他社にはないメリットがあるので、楽天ビッグエスと一緒に確認するのもおすすめ。

 

 

【楽天ビッグエス】の機能・性能

楽天ビッグエスの機能・性能

 

次に楽天ビッグエスの機能で特筆すべき点はこちら。

  • 5G対応
  • 種類豊富なメインカメラ
  • セキュリティ認証
  • バッテリー容量
  • ディスプレイ
  • 対応SIM

 

これらの情報を中心に紹介していきますね。

 

5G対応

楽天ビッグエスは5G対応なので高速通信が可能です。

 

Rakuten BIGに続き5G対応のスマホとして発売されたことで選択肢が生まれたのはありがたいですね。

 

ですが5Gはまだ利用エリアがとても狭く、実用化されるのはまだ数年先になるかと。

 

これは楽天モバイルに限らず日本は5Gでやや出遅れていることが原因なのでどのキャリアと契約していても同じです。

 

らくちゃん
5Gはたまたま使えたらラッキーくらいかな!

 

種類豊富なメインカメラ

楽天ビッグエスには4つのレンズがL字型に配置されています。

  1. 超広角カメラ
  2. 広角カメラ
  3. 望遠カメラ
  4. 深度測位カメラ

 

らくちゃん
Rakuten BIGからサイズは落としたけど必要な機能はそのままに、スマホで撮りたい写真はサッと撮ることができます!

 

認証は指紋と顔の2パターン

楽天ビッグエスはRakuten Handと同じく指紋と顔認証を選択して使うことができます。

 

機種 指紋認証 顔認証
Rakuten Mini ×
楽天ビッグ ×
Rakuten Hand
楽天ビッグエス

 

肝心の認証精度ですが、顔認証は素早く解除されます

指紋認証もガラスフィルムを貼る前は精度がよかったのですが、ガラスフィルム貼り付け後は若干強めに押し当てないと反応しないことも・・・。

 

ですが普段使いには全く問題ありません。

 

バッテリーは普段使いには何も文句なし

バッテリー容量は約3,900mAhと、Rakuten BIGと100mAhしか変わらず1日全く問題なく使えます。

 

バッテリー消費が激しい3Dゲームや動画視聴などを長時間しても余裕で1日持つほどでした。

 

バッテリー容量もメインで使う端末として重要な要素ですね。

 

有機ELディスプレイと高解像度で想像よりも綺麗

ディスプレイにはAMOLEDという有機ELディスプレイを採用。

 

有機ELディスプレイでは液晶ディスプレイよりも鮮やかな色の表現、またバックライトが不要になり黒色が綺麗に表現できることが特徴。

 

有機ELとは

有機EL=Organic Electro Luminescence(有機エレクトロ ルミネッセンス)は有機物質に電圧をかけると有機物質自体が発光する現象。

 

解像度も2,340×1,080、総画素数約252万とスマホで動画を観るには十分過ぎる綺麗さです。

 

対応SIMはeSIMのみ

楽天ビッグエスに対応するSIMは『eSIM』のみです。

 

そのため、SIMを差し替えて違う端末をすぐに使うことはできません

 

Rakuten BIGは外部メモリスロットが搭載されていましたが、楽天ビッグエスはRakuten Mini、Rakuten Hand同様外部メモリ(MicroSD)非対応のためスロット自体が搭載されていません

 

らくちゃん
楽天モバイルオリジナルモデルは全て「eSIMのみ対応」なんだよっ!

 

【楽天ビッグエス】の使用感

楽天ビッグエスを使用した感想

 

次に楽天ビッグエスを実際に使用した率直な感想を紹介します。

 

まず筆者が楽天ビッグエスを購入する前の感想は下記の3点。

  • Rakuten BIGを小さくした感じ?
  • Rakuten Handよりは性能良いよね?
  • メイン端末として使えそうだな

 

Rakuten Mini、Rakuten BIG、Rakuten Handの大中小が出揃って日がそこまで経ってない中、楽天ビッグエスの発表は予想外でした。

 

「さすがに4機種目だし、さらに値段もぼちぼちするし購入するのは・・・(購入するボタンをポチっ)」という感じでした。(わずか2秒)

 

それでは楽天ビッグエスの良かった点、気になった点を順に紹介しますね。

 

楽天ビッグエスの良かったところ

  • メイン端末としてちょうどいい性能
  • メイン端末としてちょうどいいサイズ

 

メイン端末としてちょうどいい性能

楽天ビッグエスはメイン端末として1台で使うのに申し分ない性能です。

 

  • 優秀な処理能力
  • 綺麗なディスプレイ
  • 高画質な多機能カメラ
  • 高速データ通信にも対応(5G)

このようにメイン端末に必要な機能を全て兼ね備えています

 

ディスプレイサイズのサイズダウンにより、Rakuten BIGより若干解像度が劣りますが決して普段使いで気になることはないレベルと言えるでしょう。

 

らくちゃん
むしろこのサイズでこの性能というのがもう最高っ!

 

メイン端末としてちょうどいいサイズ

高性能なRakuten BIGの1番の不満点、それはその名を表す「片手で操作できないほど大きなサイズ」でした。

 

「持ち運びやすいタブレット」と言えば聞こえはいいですが、スマホとして考えると持ち運びにくさがネックでした。

 

らくちゃん
Rakuten BIGはあくまで2台持ち専用の高性能な端末として最高って感じだったよ!

 

そんなRakuten BIGの不満をこの楽天ビッグエスはまさに解消!

 

  • Rakuten Handの持ち運びやすさ
  • Rakuten BIGの性能

この両方を受け継いだ楽天ビッグエスが最高なのはもう言うまでもないですね!

 

楽天ビッグエスの残念なところ

こんなに絶賛した楽天ビッグエスですが、「残念だな」というポイントももちろんあるので紹介します。

  • 楽天モバイルの中ではコスパはイマイチ
  • MicroSDに対応していない

 

楽天モバイルの中ではコスパはイマイチ

まず楽天ビッグエス単体でコスパが悪いわけではありません。

 

楽天モバイルはユーザーファーストが強く、ほとんどの端末がキャンペーンで1〜2万円ものキャッシュバックがあり、それも含めて楽天モバイルの魅力と言えます。

 

らくちゃん
iPhoneも楽天モバイルで購入すると2万円くらいキャッシュバックされるんだよっ!

※2021年5月31日現在

 

2021年4月にホワイトカラーから順に発売されている楽天ビッグエスは「まだ注目の新商品」。

キャンペーンの対象になっていないため、公式ページに記載された他の端末と比較してしまうとどうしても割高感が強くなってしまいます

 

(それでも5,000ポイント還元は付いていますが・・・)

 

らくちゃん
楽天ビッグエスが悪いというより他の端末が安過ぎるんだよっ!(良い意味で)

 

MicroSDに対応していない

楽天ビッグエスの内部メモリは128GBと、決して容量が少ないわけではありません。

 

ですがAndroid端末のメリットに「気軽にMicroSDにバックアップをとれる」こともあるため、数少ない残念ポイントとして紹介します。

 

クラウドを当然のように使えるような人には問題ありませんが、機械操作が苦手な人には慣れ親しんだMicroSDが使えないのは残念ですよね。

 

【楽天ビッグエス】の評判・口コミ

楽天ビッグエスの評判

 

楽天ビッグエスについての口コミですが、発売されてまだ日も浅く、また既に楽天モバイルを申し込みした人が多い中での4機種目ということもありそこまで話題に上がっていません

 

ですが数点目についた意見としては、

  • 欲しいけど値段が若干高い
  • ワイヤレス充電非対応かよ
  • 誰か使った感想教えて〜

と、このような声がありました。

 

らくちゃん
僕がレビュー書いてるから読んでっ!笑

 

【楽天ビッグエス】がおすすめな人

楽天ビッグエスがおすすめな人

 

楽天ビッグエスがおすすめな人は下記のような人。

  • 楽天モバイルをメイン端末に考えている

 

ちなみに楽天モバイルに申し込むメリットは下記の記事で詳しく解説しています。

 

楽天モバイルをメイン端末に考えている

Rakuten Miniにはじまり、楽天モバイルオリジナル端末を4機種使用してきた筆者が唯一メイン端末におすすめするのが、この楽天ビッグエス

 

  • CPUは最近の主流であるSnapdragon 7シリーズ
  • 持ち運びに適したギリギリのボリュームサイズ
  • 高性能、高画質のカメラ搭載で好きなものが直感的に撮れる

 

らくちゃん
もちろんゲーム用のサブ機として購入してもいいですが、それなら大画面でノッチレスのRakuten BIGをおすすめします。

 

 

【楽天ビッグエス】のレビューまとめ

楽天ビッグエスの画像出典:楽天モバイル

この記事のまとめ

  • 楽天ビッグエスはメイン端末におすすめ
  • もちろん2台持ちのサブ端末でもオッケー
  • 唯一の弱点はMicroSDに対応していないこと
  • 内部メモリが128GBあるからそこまでデメリットではない
  • 発売されたばかりだからポイント還元が少ない

 

楽天モバイルをせっかく使うなら楽天モバイルのオリジナルスマホを使いたい。

そう考えていた人には心からおすすめできる1台となります。

 

らくちゃん
もう少し小型のスマホがいいという人には、Rakuten Handも検討の余地ありです!

 

楽天モバイル公式サイト

 

楽天ハンドのレビュー
【楽天ハンド レビュー】性能、値段、サイズ、全てが丁度良い【楽天モバイル】

続きを見る

 

-楽天モバイル

© 2021 らくちゃん!